【スカウトより安心】お店探しにオススメな求人サイト

風俗の罰金って支払わなくちゃダメなの?よくあるペナルティと対処法

風俗店は普通の会社とはちょっと雇用形態が違うよ。

風俗嬢っていう仕事は頑張れば頑張るほど稼げる仕事だけど、店によっては罰金・ペナルティ制度が導入されてるところもあるんだ。

ぴえんちゃん

せっかく頑張って働いても、店の規則で罰金・ペナルティを課されたら悲しいよね。

この記事では、意外と知られてない罰金・ペナルティのよくあるシステムと、課されたときの対処法を紹介するね。

せっかくの給料を無知って理由で減らしちゃわないように勉強していこー!

体入だけで祝い金12,000円が貰える!

  • 嘘の情報に迷わない!
  • お店と直接交渉できる!
  • 頼れるスカウトがいなくても安心!
目次

風俗嬢への罰金って本当にあるの?

いきなり結論から言っちゃうけど、風俗嬢への罰金は実際にあるよ。

でも、ほとんどの店ではなくて、私の体感だと9割の店では罰金制度はないなーって感じ。

ぴえんちゃん

そもそも罰金は「罰として出させる金銭」っていう意味。罰金って聞くと良くないイメージに聞こえるよね。

実際、女の子が店の規則に違反したり店に損害を出した、こんなときは「罰金」として女の子から罰金料を徴収するよ。

でも、10年以上前の風俗だと珍しくはなかったけど、今の風俗ではほとんど聞かなくなったから罰金制度について知らなかった女の子も安心してね。

一部の風俗店が罰金をとってる理由

さっきも書いた通りほとんどの風俗では罰金制度はないけど、残りの1割の店は今でも罰金制度があるよ。

その1割の風俗店が罰金をとる理由は、約束・規則を守れない女の子を管理するため。

風俗では特に時間にルーズな女の子が多いから、守るしかない状況を作るためにこの制度を導入している店が多いんだ。

誰でも罰金が発生するってなったら、払わないように努力するもんね。

んでこの1割はこういう店が多いよ。

  • 勤怠管理が厳しい
  • 店舗型の風俗店
  • 高級店

勤怠管理が厳しい店は、店舗型や高級店にもよくあるよ。

私が今まで働いた店の中に罰金制度を導入してる店があったけど、その店は当欠は罰金1,000円、無断欠勤は罰金2,000円って明確に決められてたよ。

ぴえんちゃん

特に高級店は、客がそれなりの金額を払うよね。

だから女の子側に礼儀不足とかがあっちゃヤバいって意味で罰金制度を設けてるって説明されたこともあるよ。

風俗嬢に罰金が発生するケース

それじゃあ、実際にどんなケースで罰金が発生するのか細かく見ていこー!

遅刻

遅刻は一般社会でもあんまり良くないイメージがあるけど、風俗嬢はたとえば10時から勤務だったら10時に接客できる状態じゃないといけないよ。

だから、そもそも遅刻する=もし10時に客がいたら接客できないから、厳しい店だと始業時刻に接客できない状態を罰金ってするところがあるんだ。

無断欠勤・当日欠勤

遅刻でも罰金が発生するから、無断欠勤・当欠は当然ながら罰金対象。

私がビクビクしてたのは、どんな理由でも当欠は罰金対象になるっていうことについて。

ぴえんちゃん

当日、朝起きたら体調が悪いってこともあるのに、もともと決まってるシフトだからっていう理由で罰金を取られそうになった経験があったな。

店外営業

店外営業は、いわゆる客との店外=プライベートで会うこと。

本来客は店の客であって、店を抜いて外で会うってことは店を裏切る行為になるんだ。

いくらその女の子の本指客でも、本来客が店に支払うはずだった売り上げが店に入らなくなるから、どの風俗店でも店外営業は固く禁止してるよ。

あと店は広告費をかけて女の子を宣伝してるのもあって、こういう裏切り行為は余計に罰金対象になるってわけ。

ぴえんちゃん

下手したら営業妨害だって言われることもあるよ。

風俗店の掛け持ち

風俗店の掛け持ちは客の分散につながっちゃう。

たとえばある女の子がデリヘルとソープを掛け持ちしたら、客は本番がない店よりも本番のあるソープを選ぶ可能性が高くなるよね。

そうするとデリヘルでの売り上げが減るから、店が良く思うわけないっていう。

シフト上も分散しちゃって店は機会損失になるよ。

ぴえんちゃん

罰金制度を導入してない店でも掛け持ちNGってするぐらい、掛け持ちは店に嫌がられる行為なんだ。

店で禁止されている行為をした場合

女の子側からの店外の誘いもそうだけど、

  • 本番禁止のお店で客に金を要求して本番した
  • 連絡先交換禁止の店で客と連絡先を交換した
  • 店の売り上げが減る行為・法律に違反する行為をした
ぴえんちゃん

みたいな場合に罰金が発生するケースがあるよ。

店を辞めたとき

店を辞めたときに発生する罰金は、店との特別な約束があった場合に発生するよ。

たとえば・・

  • スカウトを通して入店して働く期間が設定されてたのに辞めた
  • バンスをしてて返済が終わる前に辞めた

とかが挙げられるよ。

客に罰金が発生するケース

風俗での罰金は、実は女の子だけじゃないよ!

女の子が異性に対して性的なサービスをする風俗では、客に罰金が発生するケースもあるんだ。

本番行為

本番NGの風俗店で絶対にやっちゃいけないこと。

たとえ女の子がOKしたとしても、風俗店は風営法で規制されてる業種だから接客中の本番行為は違法だよ。

ぴえんちゃん

この噂が広まったら警察の立ち入り検査があったり、場合によっては店が閉店に追い込まれちゃうことも。

だから、店は本番行為に関しては特に目を光らせてて、もし見つけたら処分対象になるし、罰金の金額も数十万って高額になるよ。

強姦

女の子の同意なく、無理やり挿入した・挿入しようとした場合も罰金対象。

強姦した場合は店との話し合いだけで終わらないこともあって、女の子の希望によっては裁判とか大きい問題に発展するケースも。

どっちにしろ本番行為は大事になることが多くて、肉体的・精神的に傷ついた女の子への損害賠償が必要になるんだ。

ぴえんちゃん

額で言うと数十万~百万円ぐらい。

盗撮・盗聴

そもそも無断で盗撮したり、盗聴する行為は違法行為だから、いくら金を払ってても、風俗で遊んでる最中の盗撮盗聴は罰金対象だよ。

店はあくまで店の中で女の子と遊ぶ時間の対価として金を受け取ってるから、その時間を私的に利用したら罰金を請求されるんだ。

ぴえんちゃん

盗撮盗聴は女の子自身にも結構な被害が及ぶから、見つけ次第罰金で解決するっていう流れになるよ。

店外

女の子からだけじゃなくて、客から店外に誘うのもNG。

客からの店外の誘いは珍しくはないけどが理由は一緒で、店を通さないことが問題。

もし店外してることが発覚したら、店外の時間をプレイ時間に換算して請求することもあるよ。

ぴえんちゃん

罰金に応じなかったら、営業妨害で訴えるって言われるケースもある。

スカウト行為

風俗で働いてると時々遭遇すると思う。

他店のスタッフが名前を伏せて接客を受けて、引き抜き行為をすることを指すよ。

風俗店は同業者お断りの場合が多いから、女の子に渡した名刺が店の人にバレて発覚するケースも。

ぴえんちゃん

スカウトが原因で女の子が店を辞める場合は、在籍してたら稼げたであろう額を損害賠償として請求することがあるよ。

風俗嬢に怪我をさせた場合

女の子に怪我をさせたら罰金だけじゃなくて傷害罪に問われる可能性があるよ。

事故だったらまだしも、故意的に怪我をさせたら、怪我の程度にもよるけど罰金だけじゃ済まないことが多いかな。

  • 女の子の治療費
  • 女の子が店を休んでいる間の損害賠償
ぴえんちゃん

とか、本来女の子が出勤してたら稼げたであろう金額を請求されることも。

過剰なサービスの強要

店のオプションにないプレイ要求、たとえばAFとかの一般的じゃないサービスの強要は罰金対象になるよ。

風俗は店ごとにジャンルとかコンセプト、オプションがあるよね。

そのラインを越えて女の子に過剰サービスを要求したら、店のルール違反として罰金を請求されることがあるよ。

風俗嬢と個人的に連絡先を交換した場合

風俗嬢と連絡先を交換するのは、店の機会損失につながるからほとんどの店でNGだよ。

なのに、そのルールを破って連絡先を交換したら、客だけじゃなくて同時に女の子も罰金になることも!

ただ例外もあって、姫予約ができる女の子・VIP待遇の女の子・指名トップの女の子とか、プライベートでもやりとりすることで客が来店する場合ね。

ぴえんちゃん

でも、この場合もあくまで仕事で、完全にプライベートな連絡をしてないかとか店のチェックが入ることはあるみたい。

風俗嬢と個人契約をした場合

あんまり聞かない話だけど、風俗嬢と個人契約(セフレとか)を結ぼうとする客もいるよ。

個人で契約するとお互い合意のときに会ってプレイできるだけじゃなくて、店のルールに縛られないプレイができるってこともあって、店でのプレイ料金以上の金額を提示する客も。

当然店より報酬がいいと女の子もOKしたくなるよね。

ぴえんちゃん

でも、個人契約は店にとってデメリットだし営業妨害だから、罰金も高額になることが多いよ。

男性スタッフに罰金が発生するケース

実は罰金が発生するのは女の子とお客さんだけじゃないんだ。

風俗で働いているスタッフ、主にアルバイトにも罰金が発生するケースがあるよ。

店に損害を与えた場合

スタッフが店に損害?って疑問に思うかもだけど、

  • インターネット掲示板に店の不満を書き込む
  • 店の情報を漏洩らす

たとえばこんな場合が挙げられるよ。

いわゆる風評被害とか名誉棄損、営業妨害になる行為で、いくらアルバイトでも店に損害を与えたときは罰金が科せられるケースがあるんだ。

ぴえんちゃん

その額は店の規模・判断にもよるけど、だいたい10~100万円程度って幅が広いよ。

店の女の子に手を出した場合

風俗をやってると珍しい話じゃないんだけど、店の女の子と関係を持つと罰金っていうケースがあるよ。

女の子は店の商品だからっていう理由は表向きで、女の子の注意がほかにそれると出勤しなくなったり店を辞めたり、店にとってマイナスが生じるから罰金適用になってるんだ。

ぴえんちゃん

いわゆる風紀を守るためってやつ。

風俗は業種上もあるけど、深夜に女の子を送迎してると恋愛関係に落ちやすいから、仕事は仕事って割り切ることが大事だよ。

実は風俗の罰金は支払い義務なし!

ここまで罰金について説明してきたけど、実は風俗の罰金制度っていうのは法的効力がなくて支払い義務もないよ!

それでも「罰金制度」があるのってなんか不思議だよね?

ここでは罰金制度の法的効力について簡単に説明するよ。

そもそも罰金とは?

一部の店舗にしか罰金制度はないけど、風俗業界にいると罰金っていう言葉はわりと身近だと思う。

そもそも罰金って何かわかるかな?

ぴえんちゃん

罰金は、難しい言葉で言うと「刑法上の刑罰」に該当するんよね。

刑罰は公的機関だけでしか課せないから、そもそも風俗店の介入って不可能なわけ。

本当に罰金は支払わなくても大丈夫?

それでも立場的には女の子は従業員だから、店のほうが強くはなる。

店がルールとして罰金を設定してる以上、支払わないとマズいんじゃね?って感じる女の子は多いと思う。

でも、罰金には法的な効力はないから、本当に支払わなくてもOK!

もし店が設定する罰金制度に触れたとして罰金を請求されたら、「罰金は法的に無効で支払う義務がない」ってはっきり伝えてね。

それでも請求されるようだったら、労働基準監督署に相談することも考えよう。

ちなみにこれは男女関係ないから、客もスタッフも同様に支払う義務はないよ。

ぴえんちゃん

仮に入店時の誓約書にサインをしてたとしても支払い義務はないからね。

罰金を支払う風俗嬢がいるのはなぜ?

それでも罰金を支払う女の子がいるのは事実。

  • 罰金を支払う義務がないことを知らない
  • 罰金を支払ってでもまるく収めて在籍するメリットがある

っていう理由がほとんどかな。

まず、法律に詳しい風俗嬢ってほとんどいないんよね。

仕事でも受け身な女の子が多いから、店に言われるがままっていう子は珍しくないんだ。

あと罰金制度を導入してる店は高級店とか、女の子の報酬が良いことが多いから、罰金で揉めて退店ってなると女の子が損な場合もある。

ぴえんちゃん

これは稼ぐチャンスがなくなるっていう意味でもあるよね。

だから、ちょっとの罰金だったら店に従って支払って済ませることがあるんだ。

罰金じゃなくペナルティが課されることも

罰金と似てる言葉にペナルティってのがあるけど、この違いはなんだと思う?

厳密に言ったら「penalty=罰金」だから一緒なんだけど、ペナルティって聞くと罰金ほど重く聞こえないのが不思議だよね。

ぴえんちゃん

実際私が今まで働いてきた店では、罰金制度はないけどペナルティがある店は結構あったよ。

その「ペナルティの実態」はこんな感じ。

どれも遅刻とか当欠、無断欠勤ぐらいの損害を店に与えたときのペナルティだよ。

給料バックを下げられる

給料バックは店の中でも女の子のグレード・指名獲得とかによってそれぞれ決められてるけど、問題を起こしたらそのバックの引き下げをされることがあるよ。

っていってもめちゃくちゃ下げられるわけじゃなくて、1,000円ぐらいのことが多いよ。

ただ、1本あたり1,000円下げられたら10人で10,000円だから、安くはないよね。

出勤調整される

風俗嬢のシフトは固定出勤と自由出勤に分かれるけど、どっちにしても自分が出してるシフト希望をそのまま通してもらえなくなることがあるよ。

ぴえんちゃん

特に店舗型だと個室の数に限りがあるから、女の子の出勤人数が多い日は優先的に休みにされやすくなっちゃう。

同じように働いてても一回のミスで信用度が下がるから、信用度が低い女の子より頑張ってる女の子とか指名が取れる女の子、店のルールを守る女の子を店は優先するよ。

たとえば週5で働きたいのに週4にされる、1日8時間勤務したいのに5時間にされるとかが挙げられるよ。

フリー客をつけてもらえない

出勤調整と似た意味合いになるけど、フリー客は女の子が出勤した順番、その日客についてない順番につけてもらえることが多いんだけど、この順番を飛ばされることがあるんだ。

客の人数はある程度限られてるから、フリー客をつけてもらえないと出勤してる意味があんまないって感じるかもしれん。

ペナルティはこういう行為も指すよ。

当欠を繰り返すとクビ

たかがペナルティ!っていう女の子がいるのも事実だけど、風俗では店に貢献する女の子が大切にされるから、当欠を繰り返す女の子はクビっていうこともあるよ。

クビは当欠以上の店への損害(店外・風俗店の掛け持ち、店での禁止行為を破った場合とか)も当てはまることがあって、罰金を請求しない代わりに今日で辞めてくださいって言われることもあるよ。

ペナルティ制度が存在するワケと課された場合の対処法

ペナルティの代表的な種類を紹介したけど、「ペナルティ=罰金」なのにお金の徴収がないよね。

ぴえんちゃん

これがペナルティ制度のポイントだよ!

店は、罰金って称するのがダメなことを知ってるんだ。

だから、あえて罰金としてお金を徴収しないで、ペナルティって称して女の子のバック率を下げたり女の子に稼ぐチャンスを与えないようにするんだ。

女の子側も現金を支払わなかったら、あからさまに嫌な思いをしないもんね。

自分のミスが原因でバック引き下げとか出勤調整があったら仕方ないって納得しやすいのもあるよ。

実際ペナルティを課されたら、それが現金の徴収じゃない限りは従ったほうが女の子にはそれ以上の損失はないよね。罰金としてお金を請求されることがないから抵抗するのも難しいと思う。

店からの信頼を失ったのは痛いけど、今後もその店で働きたいならなおさら、ペナルティはちゃんと受け止めるべきかなって思う。

ペナルティには期間が決まってることが多いよ。

でもその前に、ペナルティを受けるような行為をしないに越したことはないよね。

どっちも社会人として当然のことでもあるから、トラブルを起こさないように注意しておくことも大切だよ。

もし罰金を要求されたらどう対処すべき?

罰金制度は店によっては明確に提示してないこともあるよ。

実際に女の子や客、男性スタッフが店に不都合を働いたときに突然罰金を請求されるっていうケースもあるんだ。

罰金には支払い義務がないって説明したけど、実際に罰金を請求されたときのためにちょっとだけ知識を紹介するね!

風俗店の罰金請求は違法だけど、罰金を前提にした契約も実は違法だよ。

細かい話をすると難しいから省くけど、ケースにもよるけど店側が可能なのは減給まで。

実際に女の子は労働者として雇われてるから、それが委託契約だって店が主張しても罰金の額によっては風営法に違反することになるよ。

委託契約ってのは、いわゆる外注契約のこと。

あと店が決めた期日まで辞めさせてもらえない場合は、民法で「労働契約の終了は退職を申し出てから2週間」って決められてるから、それを理由に店は辞めれるよ。

からの罰金が支払えないなら家族に請求するとかって言われたら、脅迫罪になる。

でも、実際に家族に連絡されたらヤバいから、早急に対処するなら警察に相談することをおすすめするよ。

名誉棄損で訴えることもできるけど、名誉棄損はよっぽど有名人じゃない限り、訴えるだけ手間だけがかかる場合がほとんど。

結局どんなに罰金を正当化しようとしても風俗店は法律を超えて請求することはできないけど、実際にトラブルになってからじゃ遅いこともあるから、

  • 罰金請求が違法であること
  • 支払う義務がないこと
  • 法に触れる不当な労働であること
  • 脅迫罪にあたること

とか、トラブルになりそうだってわかった段階で、はっきり言うと風俗店も引いてくる場合が多いよ。

風俗店によっては弁護士がついてる場合があるけど、風俗店は警察沙汰のトラブルをできるだけ避けたがるから、明らかに理不尽な対応をされたらはっきり申し出るようにしてね。

ぴえんちゃん

ただ、バンスがあるときは例外になるからね。

店とはなるべくトラブルがないようにしたほうがいいから、借りたお金は必ず返すようにしようね。

まとめ

今回は法律が絡んでてちょっと難しいって感じたかもだけど、風俗はお金のトラブルが多いから把握しておいた方が絶対いいよ。

色んなケースの罰金・対処方法について詳しく紹介したけど、1つ心得てほしいのは「罰金を請求されても支払う義務がないからっていって自分のやりたいようにするのは間違い」だっていうこと。

店があっての仕事・給料だから、お互いトラブルなく気持ちよく働けるのが理想。

そのためには礼儀・マナーをわきまえて、「必要とされる女の子」でいることを心がけようね。

ぴえんちゃん

誠実な女の子には罰金は科されないから、これを機会に働き方を見つめ直してみるのもありだよ。

体入だけで祝い金12,000円が貰える!

  • 嘘の情報に迷わない!
  • お店と直接交渉できる!
  • 頼れるスカウトがいなくても安心!
目次
閉じる