【スカウトより安心】お店探しにオススメな求人サイト

風俗の鬼出勤ってどういう意味?連続出勤のメリット&デメリットを解説!

風俗経験者だったら、一回は聞いたことがある「鬼出勤」っていうワード。

鬼出勤してる風俗嬢はよく客に引かれって言われがちだけど、個人的にはそれは嘘だと思ってる。

この記事では、鬼出勤はどういうものか詳しく解説するから、鬼出勤についての理解を深めていってね!

ぴえんちゃん

さらに連続出勤のメリット・デメリット、鬼出勤しても稼げないときの対策についても紹介するよ。

体入だけで祝い金12,000円が貰える!

  • 嘘の情報に迷わない!
  • お店と直接交渉できる!
  • 頼れるスカウトがいなくても安心!
目次

風俗嬢の鬼出勤ってなに?

ここでは、風俗業界のことについてあんまり詳しくない子でもわかるように、鬼出勤ってどういうものなのかを解説するよ。

まずは鬼出勤の意味について理解しておこうね。

鬼出勤とは?

多数の風俗店は、キャストの出勤ペースに関してレギュラー出勤・レア出勤とかって表現してるんだ。

この記事で解説する鬼出勤は、その出勤スタイルに対してもっとハイペース・長時間の出勤をこなしてることを指すよ。

明確な基準は設定されてないけど、

  • ほぼ毎日出勤してる
  • 長時間の勤務
  • 掛け持ちして一日中風俗の仕事をしてる

これに当てはまる場合、一般的に鬼出勤って呼ばれてるよ。

鬼出勤とレギュラー出勤の違い

じゃあ、鬼出勤とレギュラー出勤の違いについてさらに詳しく見ていこー。

一般的にレギュラー出勤って呼ばれる場合、こういう特徴があるよ。

レギュラー出勤
  • 早番or遅番のどっちかだけ
  • 週に3~5日程度の出勤

レギュラー出勤の場合はこういう出勤スタイルなのに対して、さっき書いた通り鬼出勤はさらにハイペースな出勤をこなしてる場合を指すんだ。

レギュラー出勤と鬼出勤の具体的な線引きはないけど、

鬼出勤
  • 片番以上
  • オープン~ラストとか長時間の勤務
  • 週に6日以上の出勤
  • 稀なケースだと生理休暇すら取らない

このへんに該当するなら鬼出勤って呼ばれてるよ。

簡単だけど、こうやって比較してみるとどんだけ鬼出勤がハードか分かったと思う。

ぴえんちゃん

じゃあ、さらに詳しく解説していくね。

鬼出勤のペースについて

さっき挙げた鬼出勤の例をひとつずつ解説していくよ。

オープン~ラストとか長時間の勤務

鬼出勤をしてる女の子のほとんどは、片番以上の出勤でオープンからラストまで出勤してる女の子が多いのが特徴。

片番以上は、基本的に9時間以上の出勤のことを指すよ。

ただ、これは必ずしもひとつの店でっていうわけではないよ。

女の子によっては働いてる店を複数掛け持ちしてる場合もあるし。

たとえば、一日のうち早番の時間帯をマッサージ店で働いて、夜はデリヘルで働いてる場合なんかも該当するよ。

週に6日以上の出勤

週6日以上の出勤っていうことは、休みを1日取るか取らないかっていうくらいハードな勤務状況。

普通の女の子だと、週4日程度の出勤で体も心もギリギリっていった感じだと思う。

ぴえんちゃん

私自身、過去に何回も鬼出勤した経験はあるけど、鬼出勤できるキャストの子は尊敬してる。

あと、店を掛け持ちしてる場合も、トータルして休みが週1日以下だったら鬼出勤って言えるかな。

稀なケースだと生理休暇すら取らない

これについては、働く店のサービス内容にもよるかな。

マッサージ・エステの店だったら、生理中の出勤もできるから鬼出勤も可能だよ。

たまにヘルスとかで生理休暇を取らないで鬼出勤してる女の子がいるけど、生理中の接客のときには海綿を使うとかの対応が必要になってくるんだ。

ぴえんちゃん

経血量によっては仕事できなくもないけど、体への負担っていう面でもあんまりおすすめはできないかなぁ。

レア出勤と鬼出勤はどっちが稼げる?

連日、長時間勤務する鬼出勤とは違って、不定期で短時間しか勤務しないスタイルをレア出勤って呼ぶよ。

この真逆の出勤スタイルだけど、どっちが稼げるのかっていうと、間違いなく出勤時間・出勤日数が多い鬼出勤のほうが稼げるよ。

ただ、鬼出勤で稼ぐためには、長時間の待機が必要になってくるから個人的にはおすすめできないかな。

レア出勤だと、出勤時間・出勤日数の少なさからお仕事可能な本数にはどうしても限りがあるよね。

でも、めったに会えないプレミア感のおかげで、事前の予約で出勤枠が全部埋まることも多々あるよ。

鬼出勤よりもレア出勤のほうが稼げる金額は下がるけど、コンスタントに指名が入って、効率よく稼げるかなって感じ。

鬼出勤とは違って、その日の出勤枠を本指名客で全部埋めることもできるよ。

もちろん、鬼出勤もレア出勤もそれぞれメリットもあればデメリットもあるから、正直どっちの出勤スタイルがいいのか判断が難しいところかなあ。

ぴえんちゃん

だから、風俗で稼ぎたい金額によって自分の出勤スタイルを決めるようにするのがおすすめだよ。

風俗嬢が鬼出勤する理由

風俗で働く以上、一般的な職業より効率よくお金を稼ぐのが大前提だよね。

これについてはレギュラー出勤もレア出勤も同じだけど、その中でもあえて鬼出勤をする理由は、

  1. 短期間でまとまったお金を稼ぎたい
  2. 鬼出勤しないと稼ぎが足りない
  3. 常に出勤してないと不安になる

みたいな理由が考えられるよ。

①短期間でまとまったお金を稼ぎたい

これについては、出稼ぎで働きに来てる女の子とか目標があって集中的に稼ぎたい場合とかが当てはまるよ。

目標とか期間が定まってるだけに、すっぱり風俗を卒業できる子が多いのも特徴。

あと大多数は、同じ期間とはいえ一般的な職業とは比べ物にならないぐらいの収入を得られるよ。

ぴえんちゃん

だから、開業資金とか独立資金を貯めたいっていう理由から鬼出勤してる子もいるかな。

②鬼出勤しないと稼ぎが足りない

この理由についてだけど、いくつかのパターンがあるよ。

  • 稼いだお金を散財してる
  • 繁盛してない店で働いてる

稼いだお金を散財してる

まず、日頃の浪費癖とかが影響してるケースだね。

仕事のストレス発散って言わんばかりに、せっかく稼いだお金を散財しすぎてしまってるとかが当てはまるかな。

あと、多額の借金返済費用が必要な場合以外に、ホストに会いに行く資金が足りないっていう場合も。

繁盛してない店で働いてる

その他のケースとしては、あんまり繁盛してない店とか激安をウリにしてる店で働いてる場合に多い傾向。

店の集客率が悪くて、来店する客が少ないんだったら、当然お仕事の数=稼ぎも少なくなっちゃうよね。

あと、激安をウリにしてる店の場合、客一本あたりの給料が安いから、それなりの本数をこなさないと満足な収入にはならないんだ。

ぴえんちゃん

こういう激安店に来る客のほとんどは、高額なオプションを選ぶこともあんまりないし。

オプションでの+‪αの収入が見込めないっていうこともあって、連日長時間の出勤をせざるを得ないって感じ。

③常に出勤してないと不安になる

これは女の子の心の問題が関係する理由。

  • 自分が休んでる間に指名客を他の女の子に取られてしまいそう
  • ランキング順位が下がっちゃうんじゃないか

みたいな不安から、可能な限り出勤するタイプだね。

ぴえんちゃん

あと、かまって欲しいタイプの俗に言うメンヘラの子もこれに該当するかなあ。

鬼出勤するメリット・デメリット

風俗で働くなら絶対に知っておきたいのが、鬼出勤するメリットとデメリット。

よく連勤すれば稼げるって思ってる女の子がいるけど、当然ながら良いことばっかりじゃないんだ。

鬼出勤するメリット

鬼出勤することで考えられるメリットはこの2つ。

  • 集中的に稼げる
  • フリー客の獲得

やっぱり連日長時間出勤するだけに、普通よりも稼げる可能性は大いにあるよ。

あと、待機時間が長いから、フリー客が来店したとき、お仕事に繋がる可能性も高くなるっていうメリットも。

ぴえんちゃん

鬼出勤する時期が長期連休とか年末年始なんかの繁忙期だったら、なおさら短期集中的に稼げるよ。

鬼出勤するデメリット

勤務時間と比例してお金がいっぱい稼げるように思える鬼出勤だけど、実はデメリットもあるよ。

鬼出勤の代表的なデメリットとしては、

  • 心と身体を壊しやすい
  • 客にとって新鮮さがなくなる
  • 疲労が原因で接客レベルが低下

っていうものが挙げられるかな。

風俗の仕事は、肉体的にはもちろん精神的にも辛いことが多い仕事だよね。

長時間勤務するってなったら、やっぱり心身ともにストレスとの戦いになるし。

あと、客からしてみると、いつでも出勤してる=今日は他の子にしようっていう発想になる場合がめっちゃ多いんだよね。この新鮮さがなくなるっていうデメリットから、よっぽどのリピーター客を持ってないと鬼出勤をしても指名本数のアップは難しいと思う。

あと、メリットで解説したみたいに、鬼出勤をするなら時期選びはめっちゃ重要。

仮に2月とか11月なんかの閑散期って言われるシーズンに鬼出勤しても、爆発的な収入アップは見込めないんだ。

むしろ、待機時間に対しての収入の少なさにガッカリしちゃうこともないとは言いきれないよ。

ぴえんちゃん

それぐらい、鬼出勤する時期は慎重に選んでほしいな。

鬼出勤しても稼げないときの対策

連日、鬼出勤してるのに満足いく稼ぎにつながらないとき、このポイントについて確認するようにしてみてね。

あわせて、鬼出勤しても稼げないときの対策についても解説していくよ。

そもそも店の集客率がよくない

これは意外と多い落とし穴。

どれだけ頑張って出勤しても、店自体あんまり繁盛してない場合だとやっぱり限界はある。

もちろん写メ日記とか自分からアピールする努力は必要だけど、一回他の店で働くのも検討してみてもいいんじゃないかな。

客が安心しきってる

これについてはさっきも触れたけど、いつも出勤してるってなると客にとってはいつでも遊べる対象になってしまいがちなんよね。

だから、よっぽどの時にしか指名してくれなくなる傾向にあるんだ。

これを回避するには、フリー・指名を問わずにいつも以上に丁寧なサービスを心掛けるのが大事。

ぴえんちゃん

サービスの向上で、客の特別な存在になる他はないんだよね。

風俗で鬼出勤をこなすコツ

厳しい面が多い鬼出勤だけど、それでも乗り越えるためのポイントについて解説していくよ。

とにかくお金のためだって耐え抜く

これってもはや精神論に近いものなんだけど、鬼出勤をこなす女の子のほとんどはこの言葉を口にしてる。

鬼出勤ではないけど、私も仕事中に心が折れそうになったときは、同じく「お金のためだ!」って気合いを入れ直した経験が何回もあるよ。

仕事を楽にこなせるように工夫する

これは働く店の業種にもよるけど、自分が楽に仕事をこなせるようになる工夫を見つけるようにしてみよう。

ぴえんちゃん

って言っても、接客中に手を抜くのはNGだよ。

たとえば、客に責められすぎて体がつらいときは、あえて責め好きキャラに転向してみるとかがおすすめ。

身体のデリケートな部分が痛む前に、クリームとかローションでケアをしてあげることも大切かな。

十分な体調管理をする

風俗の仕事はとにかく身体が第一。

健康を維持するのはもちろん、身体だけじゃなくて心の疲れを取ることも大切だよ。

ぴえんちゃん

鬼出勤をこなすためには栄養補給・ストレスの発散とか、日々のケアの積み重ねがめちゃくちゃ重要なんだ。

他店と掛け持ちするときの注意点

店によっては他店との掛け持ちを禁止してる場合があるよ。

だから、事前の確認が必要なんだ。

あと、たとえば朝からマッサージで働いて、疲れたから夜のデリヘルは手抜こうとかって考えてると、客にはすぐに見抜かれちゃう。

ぴえんちゃん

サービスの質が良くない女の子には、当然指名・予約があんまり入らないよ。

それで、思ったように稼げずに掛け持ちする意味すら無くなっちゃうから注意してね。

もし鬼出勤して心も体も壊してしまったら?

風俗の仕事は、他の職種に比べて心と身体を病んでしまうリスクがめっちゃ高いんだ。

もちろん性病とかの危険は付き物だし、メンタルがやられるときも多々あるよ。

正直なところ、鬼出勤ってなれば心も身体も壊しちゃう可能性はさらに高まると思う。

万が一そういう事態になっちゃったときは、とにかくすぐに風俗の仕事から距離を置こうね。

訳あって、お金を稼ぐことも大切かもしれないけど、何よりも自分の身体が第一。

ぴえんちゃん

もし風俗の仕事を辞められないときは出勤ペースを落とすとか、働き方自体を見直すことをおすすめするよ。

まとめ

今回の記事では、風俗嬢の鬼出勤は何なのか、鬼出勤するメリット・デメリットとかについて解説したよ。

現役風俗嬢の私としては、やっぱり風俗未経験での鬼出勤はおすすめできないかな。

ぴえんちゃん

鬼出勤してメンタルがやられちゃう女の子もいるからさ。

もし鬼出勤を検討してる子は、自分が働く店の仕事内容がどういうものか、客層についても把握してからハードな出勤をするようにしようね!

体入だけで祝い金12,000円が貰える!

  • 嘘の情報に迷わない!
  • お店と直接交渉できる!
  • 頼れるスカウトがいなくても安心!
目次
閉じる