【スカウトより安心】お店探しにオススメな求人サイト

【事例あり】風俗の身バレにありがちな原因と対策を現役風俗嬢が徹底解説

風俗やりたいけど、身バレするのこわいな・・・

風俗って仕事は確かに身バレのリスクがあって、身バレすれば人生積んじゃう方もいるかも。

ぴえんちゃん

でも、事前にしっかり対策しておくことで、風俗での身バレリスクは最小限まで抑えることができるよ。

っということで、この記事では、風俗で身バレしちゃうあるあるな原因と事前対策を紹介していくよ!

体入だけで祝い金12,000円が貰える!

  • 嘘の情報に迷わない!
  • お店と直接交渉できる!
  • 頼れるスカウトがいなくても安心!
目次

風俗で身バレすることってあるの?

結論から言うと、風俗で身バレすることはよくあることなんだよね・・

風俗で働いている女の子はたくさんいるから、よほどのことがない限りバレないと思っている方も多いかもだよね。

でも、些細なことから身バレしてしまうことあるんだ。

例えば、以下のような事例でバレることがあるよ。

  • 風俗で働いていることを自分から話してしまった
  • 写メ日記とプライベート用のSNSに同じ写真をアップした
  • 対面してみたら客が知り合いだった
ぴえんちゃん

これは実際にあった身バレの事例。みんなも気をつけようね

①風俗で働いていることを自分から話してしまった

自ら風俗で働いていることをうっかり友達に喋ってしまい、話が広がってしまった子のケース。

店名は伏せたものの、エリアや業種についても話してしまったから、あっという間にどの店で働いているかまでバレてしまった的な感じかな。

その後、恥ずかしくなって店を変えたものの、「あの子は風俗で働いている」ということが共通の友達や知り合いにまで広まってしまったんだとか。

めちゃ仲の良い子になら風俗で働いてること話しちゃっても良いかな?ってなるかもだけど、絶対にバレたくないことは仲子でも話しちゃダメ!

ぴえんちゃん

誰にも言わないでねって他人に話すじゃん? そしたら、「誰にも言わないでね」ってその人はまた別の人に話すの。(以下無限ループ)

②写メ日記とプライベート用のSNSに同じ写真をアップした

次は、プライベート用のSNS(InstagramやTwitter)に載せた写真を、そのまま店の写メ日記にアップしてしまい、客に身元を特定されてしまったという子のケース。

もちろんプライベート用だから本名や住んでいる地域などもわかっちゃうよ。さらに怖いのが、そのSNSを風俗掲示板に晒されてしまったってこと。

風俗の掲示板ってのは、爆サイやホスラブなんかのこと。

店名や名指しでディスられてたりするから、メンタル弱い良い子は見ちゃダメ。

で、その子はもちろんSNSのアカウントは即削除。

でも掲示板による情報の一人歩きは止められず、客に教えたくない情報まで知られてしまい、店も退店することになるという事態に発展。

ぴえんちゃん

たとえ自分が写ってなくても、SNSと写メ日記の両方でプライベートなことをあげるのは絶対にやめようね!

③対面してみたら客が知り合いだった

可能性としては低いけど、実際に客に対面したら知り合いだったというケースで身バレした子もいるよ。

気まずさはもちろん、風俗で働いていることが地元中に広まってしまうのではないかと不安でいっぱいになったらしい。心境を考えるだけで恐ろしいよね・・

オス同士で風俗遊びについて話すことはよくあるから、「誰にも言わないでね」という言葉もあまり効果はないよ。

ぴえんちゃん

オスなんてどうせ、「アイツ、ここで働いてるらしよ」って友達と写メ日記を見漁るしね。

デリヘルをはじめとする派遣型の風俗では、事前に客の顔が見れないので、このような事例が起きる可能性も0ではないよ。

風俗で身バレすることで生じるリスク

風俗での身バレは、ただ”恥ずかしい”で済むものではないよ。

身バレすることで、次のような二次被害に繋がる可能性があります。

  1. ストーカー被害に遭う可能性がある
  2. 家族や友人など周りの人からの信用を失う
  3. 彼氏と別れる原因になる
  4. 会社をクビになる可能性がある

①ストーカー被害に遭う可能性がある

風俗に来る客は、風俗遊びを「割り切り」と考えている客がほとんどだけど、中には本気で自分だけのものにしたいと考えている悪質な客もいるんだよね。

いわゆる「ガチ恋客」ってやつ。もしネットに個人を特定できる情報が流れてしまったら、ストーカー行為に発展する可能性は高まるよ。

ぴえんちゃん

むしろ、あなたに店を辞めて欲しいあまり、「ガチ恋客」が更に被害を拡大する可能性だってあるから注意!

②家族や友人など周りの人からの信用を失う

身近な人に「風俗で働いているんだ」と堂々と公言する方はほとんどいないよ。

なぜなら、風俗の仕事に良いイメージを持たない人が多いから。

実際、働いている時間は何かしら嘘をついて誤魔化している風俗嬢さんも多いんだよね。

で、もしそこで、家族や友人に風俗をやっていることがバレてしまったらどうなるかな?

その人の考え方によっては信用を失うことになるかもしれないし、もしそうなれば身近な人から信用されなくなるのは、精神的にかなりダメージが大きいよね・・

誤解がないように言っておくけど、あくまで考え方は人それぞれ。世間一般の目で見たら「風俗=良いイメージではない」って感じかもしれないよねって話ね!

私は現役の風俗嬢だから、もちろん偏見も無ければむしろ業界に感謝してるけど、人によっては『水商売に親でも殺されたんか?』ってくらい毛嫌いする人もいるし。

ぴえんちゃん

悲しいけれど、風俗を含む水商売・ナイトワークはまだまだ偏見の目で見られがちなのが事実。

③彼氏と別れる原因になる

彼氏がいるけれど、事情があってこっそり風俗で働いている子もいるよね。

でも、もし彼氏にバレてしまったら、別れ話になることは避けられないんじゃないかな・・

仕事とはいえ、知らないオスに性的なサービスをしていると知ったら、嫌な気持ちになるのは当然のこと。

ぴえんちゃん

「え? 風俗? 全然いいよ。どんな仕事でも頑張ってね」って言ってくれる彼氏なら、めちゃ寛大かヒモ気質かどっちかだよね。

④会社をクビになる可能性がある

風俗で働く方のなかには、副業として昼職を持ってる方も多いよ。

で、副業として風俗で働いている方は、会社に風俗の副業がバレて、最悪の場合クビになるというリスクがあるよね。

ってか、もし副業が禁止されている会社なら、バレた時点で一発でクビじゃん?

いまは副業が認められている会社も増えてきてはいるけど、やっぱり風俗となるとイメージは悪いのが実情。

責任者の判断によっては副業として認められず、解雇という判断をされる可能性も。

ぴえんちゃん

ほんとに水商売って日陰の仕事だよね。所詮オスなんてプライベートではスケベな顔して遊びにくるくせに。

風俗の身バレに繋がりやすい4つの原因

じゃあ、どうやって風俗の身バレに繋がってしまうのかという部分について、さっきの事例も含めて再確認しておこっ。

風俗での身バレに繋がりやすい原因は主に次の4つ。

  1. 風俗で働いていることを他人に話す
  2. プライベート用SNSの管理が甘い
  3. お金の使い方が荒くなる
  4. 住んでいる場所から近い店で働く
ぴえんちゃん

身バレを防ぐためには、まずは身バレの原因を知ることから始めようね

①風俗で働いていることを他人に話す

風俗で身バレする原因で最も多いのは「自分から話してしまうこと」。

風俗の身バレする原因ランキング第1位に堂々のランクインかな。

例えば、宣材写真から身バレしたとしても、

確かにちょっと私に似てるかも!

・・・と苦し紛れに誤魔化すことはできるよね。

でも、自分で風俗嬢であることをバラしてしまった場合は言い逃れできないよ。

ぴえんちゃん

とにかく誰にも言わない。それだけ

②プライベート用SNSの管理が甘い

さっきの事例でもあったように、プライベート用のSNSの管理が甘いと、思わぬところで身バレの原因に繋がるよ。

SNSをやっているのが当たり前の今、客も日々TwitterやInstagramを利用してるよ。

投稿を誰でも見られる状態で、自分だとわかる写真(自撮りなど)をアップするのはめっちゃ危険。

ぴえんちゃん

身バレを気にしながら風俗で働いている以上、プライベートでのSNS投稿は仕事のためと割り切って控えようね

③お金の使い方が荒くなる

風俗では昼の仕事とは桁違いのお金を稼げるから、当然自由に使えるお金も増えるよね。

だけど、高価な物を買い漁ったり、頻繁にお金のかかる遊びをしたりしていると、周りの人から「風俗をやってるんじゃね?」と疑われやすくなるのは当然。

インスタで少し生活が豪華になっただけで、

  • あいつは(たぶん)パパ活
  • あいつは(たぶん)風俗嬢

って言われる時代だしね。派手になった生活をインスタに上げたりしてると疑われやすいから要注意。

ぴえんちゃん

確証のない噂が1人歩きして何故かバレてる…みたいな状況になるから気をつけようね。

④住んでいる場所から近い店で働く

住んでいる場所から近い風俗店で働くと、客に自分の身元がバレやすくなるよ。

なぜなら、プライベートな場面を目撃されるかもしれないから。

また、近所に知っている人が住んでいる場合(地元とか)は、風俗で働いているところを見られる可能性もあるしね。

ぴえんちゃん

店でバッタリ男友達とご対面・・とか。

身近なエリアで働くのは身バレに繋がる要素があり過ぎるので、かなり危険な選択だよ。

風俗で身バレしないための6つの対策

そんなわけで風俗の身バレなんてしちゃ大変だし、必死に風俗で働く自分を守らなくちゃだよね。

そこで、事前に風俗での身バレを防ぐための6つのポイントを紹介するねっ。

  1. 風俗で働いていることを誰にも話さない
  2. 写メ日記に特定される写真をアップしない
  3. SNSは非公開にしておく
  4. 仕事道具は店で管理する
  5. いつも通りの自分を演じる
  6. 自宅から離れたエリアで働く
ぴえんちゃん

それぞれのポイントについて、詳しく紹介するよ

①風俗で働いていることを誰にも話さない

絶対に身バレしたくないなら、風俗で働いていることを誰にも話さないように徹底すること。

どれだけ信用している友達でも、うっかり他の人にバラしちゃう可能性は0じゃないしね。

自分が認めなければ、もし疑いをかけられても誤魔化せる場合が多いから、とにかく自分の中だけでとどめることを貫こうね◎

②写メ日記に個人が特定される写真をアップしない

写メ日記を書くときは、何も気にしないでそのまま写真をアップするのは身バレの危険性が高くなるよ。

顔を隠す(出しても一部だけ)のはもちろんだけど、ホクロとか特徴的な部分も加工アプリを使って消しておくことを徹底しようね。

自宅で撮影する場合は、どんな部屋かわからないようにスタンプなどで隠すことも大切だよ。

ぴえんちゃん

もちろん、プライベートで使うアクセサリーや私物なども写さないのが鉄則

③SNSは非公開にしておく

プライベート用のSNSは、非公開にして自分が承認した人しか見れないようにしておくと安心かな。

もし公開するとしても、自撮りや写メ日記で使った写真はアップしないようにするように徹底してね!

④仕事道具は店で管理する

風俗で働いていると、どうしても店の備品だけでなく自分用の仕事道具が必要になるんだ。

例えば、ウエトラ(仕込みローション)や普段身に付けないような下着なんかがそう。ソープなら大量のスキン(コンドーム)も必要になるよね。

ソープは建前上は本番NGだけど、『客と女の子がうっかり恋に落ちてエッチしちゃった』という設定で本番が成り立ってるのね。だから、本来ソープに必要ないはずのゴムは自分で用意する必要があるよ。店で支給してくれるケースもあるけど、そんな場合でも”店で用意してある”んじゃなくて”自分で店からゴムを買う”ことになるよ。(雑費から引かれる)

1人暮らしじゃない子は、これらの仕事道具から身バレする可能性があるから全て店で管理することをおすすめしとく。

ぴえんちゃん

通販で買うときも、コンビニ受け取りとかにしとこっ!

⑤いつも通りの自分を演じる

風俗でお金を稼げるようになっても、風俗を始める前の自分と同じ生活水準をキープできれば周りから疑われることはなくなるよ。

でも、お金のためにちんしばしてるし、使いたくなるのは仕方ないよね・・

だから、大事なのは周りにアピールしすぎないこと

例えば、ハイブランドのアイテムを買ったときも「実は少しずつ貯金してたんだ」って言えば「そうなんだ、すごいね」で終わるしね。

ぴえんちゃん

ホストや推し活に使うときも、そのことを周りに話さなければOK◎

⑥自宅から離れたエリアで働く

身バレ対策を強化するなら、自宅から離れた店で働くようにしようね。

目安としては片道1時間ぐらいのところまで離れていれば問題ないかな。副業の方は、職場から離れた店を選ぶことも頭に入れておくと◎

でも、風俗では交通費が支給されないから、あまりに遠いところを選んでしまうのもモチベーションの低下に繋がることもあるよね。

だから、どうしても通勤が面倒だったり交通費がもったいなく感じる場合は、できるかぎり出稼ぎを検討するのがオススメ。

出稼ぎなら在籍と違って、

  • 店までの交通費支給(期間による)
  • 泊まり込みだから通勤自体がない
  • 離れたエリアに行くから身バレしにく

っという感じで、身バレを気にする方にはピッタリな条件なんだよね。しかも、給料保証付き。

ぴえんちゃん

まあでも、期間と待機時間が縛られるから、本業がある人には組みにくいのがデメリットかな・・

まとめ

というわけで、この記事の内容を簡単にまとめると・・

  • 風俗やっても人に話しちゃダメ
  • 絶対バレたくないなら在籍じゃなくて出稼ぎがおすすめ

って感じかなっ!

ぴえんちゃん

風俗やってみたいけど絶対にバレたくないって子の参考になれば嬉しいな!

体入だけで祝い金12,000円が貰える!

  • 嘘の情報に迷わない!
  • お店と直接交渉できる!
  • 頼れるスカウトがいなくても安心!
目次
閉じる