【スカウトより安心】お店探しにオススメな求人サイト

風俗求人の応募方法ってどれがおすすめ?電話・メール・LINEのメリット&デメリットを解説

今では風俗求人の応募方法は、電話だけじゃなくてLINE、メール、風俗求人サイトの応募フォームからでも申し込みできるようになったよね。

じゃあ、どの応募方法を使うのが一番いいか気にならん?

結論から言うと、風俗求人サイトの応募フォームから申し込みするのが一番おすすめだけど、ほかの応募方法にもそれぞれメリット・デメリットがあるよ。

ぴえんちゃん

今回は、それぞれの応募方法の違いについて詳しく解説するから、自分に合った応募方法を選ぶようにしてみてね。

体入だけで祝い金12,000円が貰える!

  • 嘘の情報に迷わない!
  • お店と直接交渉できる!
  • 頼れるスカウトがいなくても安心!
目次

風俗求人の応募方法は5種類

どの風俗店でも求人の応募方法は、だいたいこの5つの方法になるよ。

  1. 風俗求人サイトからの応募
  2. 電話で応募
  3. メールで応募
  4. LINEで応募
  5. スカウトマン経由で応募

ここでは、それぞれの応募方法の違いについて解説するね。

風俗求人サイトからの応募

風俗の求人情報を探すときは、ネットで求人サイトを見て応募する女の子が一番多いよ。

風俗求人サイトは、全国の風俗店の求人情報をひとつにまとめて掲載してるから、カンタンに求人情報を比較できるんだよね。

働きたい店・ジャンルのほかに、細かく自分の希望条件を選んで求人情報を絞り込めるようにもなってるよ。

たとえば、デリヘルを希望してるけど、

  • 個室か自宅で待機したい
  • アリバイ対策をしっかりやってくれる店で働きたい

みたいに、自分の希望に合わせて求人情報を探せるんだ。

ぴえんちゃん

いろんな店と比較しながら応募できるから、女の子にとっては事前にどんな店なのかある程度見れて安心だよね。

この求人サイトから情報を絞り込んで働きたい店を見つけたら、そのまま応募フォームのボタンから応募できるようになってるよ。

電話で応募

電話でアポを取るときも、風俗求人サイトの店舗情報のページに電話番号が載ってるから、そこから直接電話できるよ。

電話で申し込むなら、一回の電話で面接の日時まで決められちゃうっていう。

何回もやり取りする必要がなくて、場合によっては電話した当日の夜に面接を組んでくれることも。

急いで風俗で働きたいとき、何回もメールとかでやり取りする時間がないときは、直接電話するのが一番早いよ!

メールで応募

メールで申し込むときは、店のサイトに載ってるメールアドレスに直接メールをするよ。

特に決まったテンプレとかはないから、サイトを見て求人に興味があってメールしたってことを伝えるようにすればOK。

その後、店からメールの返信が届くよ。

メールの場合だと、求人サイトの応募フォームと同じように店の人と直接会話せずに聞きたいことを聞いたり、面接の日時を決めたりできるかな。

ぴえんちゃん

電話で直接やりとりするよりも気軽に連絡できるよね。

あと、メールはいつでも空いた時間に返信できるのもメリット。

LINEで応募

LINEで申し込みをするっていうのが一番女の子は気軽に応募しやすいんじゃないかな。

メールよりLINEのメッセージのやり取りに慣れてるし、会話してるみたいにやりとりできるのもいいよね。

LINEの一番いいところは相手がメッセージを開いたら「既読」がつくところ。女の子にとっても店にとっても、「既読」になれば相手がメッセージを確認してくれたってわかるし。

ぴえんちゃん

メールみたいにいつ返事がくるか、ほんとにメールが相手に届いてるのか不安になることがないよ!

スカウトマン経由で応募

風俗店で働くときにスカウトマン経由で応募するっていう方法もあるよ。

これはスカウトマンに店を紹介してもらって入店する方法だけど、そもそもスカウト行為自体が法律で禁止されてて違法行為にはなるよ。

スカウトマンには悪質な奴って多いしトラブルも続出してるから、風俗初心者の女の子は特にスカウトマンは使わん方がいいかな。

ぴえんちゃん

スカウトマン経由で入店すると店を辞めにくくなることも。

余計なトラブルを避けて自分の身を守るためにも、風俗で働くときは風俗求人サイト経由で応募するのが無難かな。

風俗求人の応募方法はどれが一番おすすめ?

この記事の最初でも書いたけど、風俗求人に応募するときは風俗求人サイトから応募するのが一番おすすめだよ。

それはこういう理由があるから。

  • 直接応募するよりもいろんな特典を受けられる
  • 匿名で応募できる
  • 店に個人情報を知られない
  • スカウト機能を使える

この中でも特に、風俗求人サイト独自の応募特典を受けられるのはめっちゃ大きいメリットだよね。

たとえば、「Qプリ(公開後リンク)」っていうサイトから応募するだけで体入で1万円、面接に行くと交通費2,000円をプレゼントしてもらえるから利用しなきゃ損だよね。

あと風俗求人サイトなら匿名で応募できるから、名前もニックネームでOKだよ。

ただ、とにかく急いで風俗で働きたいっていう女の子は、直接電話で応募したほうがいいかな。電話だと緊張してちゃんと話せない、電話してる時間がない女の子はメール・LINEで応募するのもアリ。

ぴえんちゃん

自分が応募しやすい方法なら、基本的にはどの応募方法でも問題ないよ。

※Qプリのメリットデメリット(公開後リンク)

電話応募のメリット・デメリット

ここからは電話で応募するときのメリット・デメリットをわかりやすく紹介するね。

店に電話するときの注意点についても解説するから、電話での応募を考えてる女の子は目を通しておいてね。

電話応募のメリット

電話で応募するメリットは、店側とのやりとりが一回きりで済んで、そのまま一番早い日時で面接の予約ができること。

何回も店とやりとりするのがだるい、質問をまとめて聞きたい女の子には電話での応募がおすすめだよ。

あと店の人と直接声のやりとりをするから、どんなスタッフなのか電話である程度わかるっていうこともメリットかな。電話でのやりとりが安心感のある話し方だったり、親切で丁寧な会話をしてくれた店のほうが面接に行くときも安心だよね。

逆にめっちゃ感じが悪い対応をされたら、やっぱり面接をやめて別の店を探そうって思ってしまうもの。

ぴえんちゃん

電話ではそういう店の雰囲気も感じられるよ。

電話応募のデメリット

電話で応募するデメリットは、やっぱり直接店に電話をするっていうハードルの高さ。

  • 怖い感じの人が電話に出たらどうしよう
  • 緊張して言葉が出てこない

とか、風俗が初めての女の子ほど緊張すると思う。

ただでさえ、知らない人に電話するだけでも不安なのにその先が風俗ってなると、緊張しすぎて聞いておきたいことを聞けないってこともあるよね。

ぴえんちゃん

もし電話で応募するなら、聞きたいことは事前にメモに書いておいて、聞き忘れがないように準備しておくと◎

電話応募の注意点

  • 店の営業時間内に連絡をする
  • 担当者が不在の場合がある
  • 店が忙しい時間帯は対応してもらえない場合がある

電話で応募するときには何個か注意点があるよ。

まず店の営業時間外に連絡しちゃうと店にスタッフがいない可能性も。

たとえ店にスタッフがいたとしても雑務に追われてたり、営業前の準備作業中だったりして忙しいときもあるし、営業時間外の電話はまあ迷惑よね。

ぴえんちゃん

電話で応募するときは、必ず営業時間内に電話をするようにしてね。

あと、電話したタイミングによっては、ほかの女の子の面接をしてたり担当者が休みの日だったりする場合もあるよ。

この場合、電話しても面接内容について詳しく聞けないこともあるし、後日担当者から電話をするっていう流れになっちゃうことも。

店の営業時間中でも、特に週末とか忙しい時間帯は、電話で面接の予約ができない場合もあるよ。

店側は客の対応に忙しくなるから、店が混む時間帯を避けて電話するのが応募するときのマナーかな。

メール応募のメリット・デメリット

さっき書いたみたいにメールでの応募は、電話と比べるといつでも気軽に申し込めるよ!

もちろんメールならではのデメリットもあるから、次はメールで風俗求人に応募するときのメリット・デメリットについて見ていこー!

メール応募のメリット

メールで応募するメリットは、やっぱり店の人と会話をしなくて済むっていうこと。

電話よりもハードルがかなり下がるから、ちょっと気になってるけど電話でわざわざ聞きづらいっていうことも気軽に問い合わせられるよ。

メールだとやりとりした内容もデータとして残せるし。

ぴえんちゃん

後から言った言わないみたいな揉め事になることがないのもメリットだよ。

あと電話の場合は、電話するタイミングを見計らわないとだけど、メールなら仕事の合間とか寝る前なんかの空いた時間に送っておけるかな。

メール応募のデメリット

メールで応募するデメリットは、電話と違って店の雰囲気とかが全くわからんこと。

店の人と直接会話しないまま面接の予約をするから、実際に会ってみたらやる気のないスタッフばっかりだったっていうことも私は実際にあったよ。

メールでのやりとりが何日にもまたいじゃって、面接がすぐに受けれないのもデメリットのうちのひとつ。

基本的に店側も空いた時間にやりとりすることになるから、返事が返ってくるのにどうしても時間がかかっちゃうんだよね。

メール応募の注意点

  • 誤字脱字に気をつける
  • タメ口は禁止
  • 返事はすぐに返ってこない

メールで応募するときに誤字脱字が多いとメールが読みづらくなって、返信に時間がかかっちゃうことがあるよ。

メールの内容がちゃんと伝わらないと、お互いのやりとりがちぐはぐになるときもあるから注意してね。

ぴえんちゃん

あとタメ口のメールはNGだよ。

メールだと気軽に応募できるけど、もしかしたらこれからお世話になるかもしれない相手だってことを頭に入れてメールを送るようにしようね。

突然届いたメールにタメ口で「働きたいんだけど?」って書かれてたら店のスタッフも嫌な気持ちになるよね。ってかいたずらかよってなるよね。

メールの場合は、相手も仕事の合間に返信作業してるし。

店が忙しいとき、担当者が休みだったときは連絡が後日になることを覚えておいてね。

LINE応募のメリット・デメリット

LINEでの応募は、メール以上に気軽に応募できてブロックもできるのがポイント。

次はLINEで風俗求人に応募するときのメリット・デメリットについてもわかりやすく紹介するね。

LINE応募のメリット

LINEで応募するメリットは、もし危ない勧誘をしてくるような詐欺っぽい店だった場合にブロックできるところ。

あとLINEのアカウント名だけでやりとりができるから、電話番号・住所、メールアドレスを教える必要がなくて個人情報も守れるよ。

ブロックさえしちゃえば連絡をとる手段がないから、万が一のときでも安心して店とやりとりできるね。

ぴえんちゃん

風俗で働こうか考え中の女の子でもあんまり迷わずに問い合わせできるよ。

LINE応募のデメリット

LINEで応募するデメリットはメールとほぼ同じ。

LINEだけだと店の雰囲気は全くわからんし、メッセージを何回もやりとりする必要があるから、面接の日時を決めるのに時間がかかることもあるよ。

ぴえんちゃん

早く面接をしてもらいたいなら、LINEで応募するのは避けたほうがいいかな。

LINE応募の注意点

  • タメ口は禁止
  • すぐに既読にならなくても何回もメッセージを送らない

LINEはメールと同じで気軽にやりとりできるけど、風俗求人に応募するときはタメ口を使わないようにね。

友達感覚でLINEを送ってしまいがちなんだけど、丁寧でわかりやすい文章になるように心掛けておくと◎

あと既読がつかないと何回も追いLINEする女の子も多いけど、店側は営業時間の合間に返事するから既読がつくまで待つことも大切。

ぴえんちゃん

しばらく既読にならなくても、店から連絡がくるのを待つようにしてね。

風俗求人に応募するときのベストなタイミング

風俗求人に応募するベストなタイミングは応募方法によって違ってくるよ。

さっき書いた通り、店の営業時間内に電話で応募するのが最短で働く方法。

もし電話で応募するときは、平日の日中とか店が比較的空いてる時間帯に電話するのがおすすめ。電話応募をするときは、週末・店が忙しくなる時間帯は外すように心掛けてね。

あと電話応募の注意点でも書いたけど、営業時間外に電話してもスタッフが不在だったり、営業前の時間帯は準備で忙しかったり、営業後は雑務で忙しかったりするよ。

営業時間外に電話して非常識だって思われることもあるから気をつけようね。

ちなみに風俗求人サイトからの応募、メール・LINEで応募するならいつ応募しても問題ないよ。

店の担当スタッフの手が空いているときに確認して返事をくれるからね。

ぴえんちゃん

電話応募のときと違って、営業時間とかを気にしなくていいからこっちのほうが連絡しやすいね。

風俗店から写メを要求されたらどうしたらいい?

メール・LINEで応募する場合、写メを送ってほしいって要求されることがあるよ。

もし店側に写メを要求されたら、スマホで自撮りして送ってね。

あんまり加工しすぎると、別人すぎて無意味になっちゃうから、普段のメイクで上半身(真正面)が写っている写メ、プラス全身が写ってる写メを撮影してね。

できるだけ体のラインがわかるものだとなお良しって感じかな。

巨乳の女の子なら胸元が強調されてる服装、足が細くて自信があるならできるだけ足を露出したミニスカとかで撮影するのがおすすめ。

何年も前の写メだと今とイメージが違う場合もあるから、数日以内に撮影した写メを送るようにしてね。

ちなみに応募するときになんで写メを要求されるかっていうと、面接をする前にその女の子が店のコンセプトに合ってるかどうか確認するからなんだ。

たとえば、巨乳の女の子を募集してるのに胸の小さい女の子が応募してきたら面接する意味がないし、店側もわざわざ面接するのも手間だよね。

メール・LINEで応募するときに必ず写メを要求されるわけではないよ。

ぴえんちゃん

でも店のコンセプトが清楚系、ギャル系、巨乳専門、ぽっちゃり系とかハッキリしてる場合は写メを要求される確率が高いかな。

スリーサイズを聞かれたときの対処法

風俗求人に応募するときに身長・体重、スリーサイズを聞かれることもあるよ。

これも写メと同じように、店のコンセプトに合ってるか前もって確認する意味合いがあるんだ。

この時に注意したいポイントはこれ。

  • 正直に答える
  • 体の不安な点は先に申告しておく

もしスリーサイズとかを聞かれたら、とにかく分かってるものは正直に答えるようにね。

嘘ついて体重・スリーサイズとかを誤魔化しても面接の段階で大体バレちゃうよ。

あと、体に大きいタトゥー・傷跡がある場合は先に申告しておくのも重要。

店によってタトゥー・傷跡は全く問題ない場合もあれば、傷跡は仕方がないとしてもタトゥーは店のイメージに合わないから禁止してる店もあるよ。

タトゥーがあることを隠してたってわかると、あなたの信用がなくなって不採用になることも。

風俗は身体を見せる仕事だから、嘘をついたところですぐにバレちゃうんだ。

ぴえんちゃん

嘘をつくよりも正直に相談して解決できる場合もあるから、店にはどんな些細なことでも嘘をつかないようにしよーね。

まとめ

今回は、風俗求人の応募方法の違いについて解説したよ!

最近では、風俗求人サイトの応募フォームから申し込むのが一般的になってるよ。

風俗求人サイト独自の応募特典を受けられるだけじゃなくて、自分の個人情報も守れるからね。

ただ、すぐにでも働きたいっていう女の子は、電話で直接やりとりするとスムーズに面接まで進めるよ。

ぴえんちゃん

それぞれの応募方法のメリット・デメリットを理解した上で、自分に合った方法で風俗求人に応募するようにしてね。

体入だけで祝い金12,000円が貰える!

  • 嘘の情報に迷わない!
  • お店と直接交渉できる!
  • 頼れるスカウトがいなくても安心!
目次
閉じる